インペックス ロジスティクスの事業

オイルターミナル直江津

信越地域の石油製品物流拠点

オイルターミナル直江津は、新潟港と伏木港(富山県)の中間に位置する直江津港にあり、5,000トン級タンカーの着桟が可能です。また、同港付近は北陸および上信越自動車道などの高速交通網も整備されており、環日本海のゲートウェイ港として注目されています。
当ターミナルはINPEXの原油・石油製品の取り扱いと、石油元売り各社の石油製品の入出荷業務を受託し、周辺地域における石油製品物流の効率化に寄与しております。

オイルタンク
ローリー出荷

オイルターミナル直江津施設概要

※クリックで拡大します
貯蔵設備
製品タンク 11基(47,700KL)
原油タンク 5基(25,900KL)
ローリー原油・製品出荷設備
原油(コンデンセート)受入 4箇所
原油(直江津ブレンド)受入 2箇所
製品出荷 12箇所
タンカー受入・出荷設備
原油出荷・製品受入 3基
原油(コンデンセート)出荷・製品受入 2基